(命)のこと。

【3月11日】、、 
テレビやラジオで(東北大震災・原発事故)の話が終日取り上げられている。




その一方、6年も経つとあの(災害)を知らない子供たちも増えて来ているそうです。
2~4歳だった子供は、今は10歳くらい。

親たちが教えてあげない限り、、、 
あの日、日本の何処でどんな事件が起きていたか知りませんね。


お父さん・お母さん、、、 教えてあげてください、風化させないでください。




それから、、72年前の(第2次世界大戦)の事を、

【アメリカ・イギリス等々の連合国と闘った】と言う事も、
【日本が連合国軍に負けた】と言う事も、 


(終戦)ではなく、 (敗戦)という事実を、
知らない人が たくさん居ると言う。。。





平和ボケしてちゃ~いけませんよね。
伝える事は、きちんと伝えないと・・・ 


(過ちは2度と繰り返しません)と誓ったことがになってしまいます。






反省した事が有ります。


母は、みんなに「元気ね~!」 「お若いわね」 等と褒められて・・・
私も、、いい気になっていた。


先日(一昨日)、ハッと気が付いた、『あ! 98歳だったんだ』


幾ら、若いって褒められても・・・  98歳って、100歳に近かったんだ。
体は、もう限界かもしれない。
心臓だって、(薬を飲んではいるけども)、 もしかしたら明日の朝、動いていないかもしれない。。。


もしもの時・・・・

 
誰と誰に連絡したらいいんだろう。。
その時の電話番号は!?

などなど、、、  迂闊でした、なにも考えていませんでした。


会社を退職してから、遠のいていた(エクセル)で一覧表を作りました。


ん~~、、、あの人に声を掛けるべきだろうかとか。
遠いから、宿泊して頂こうかとか。。。 考える事は、いっぱい有ります。


私は、一人っ子だから(親に対しての責任)が有ります。
自分の(エンディングノート)は、一応書きとめたつもり。
でも、肝心な事をうっかり忘れていた。。



と言うか、、 親はいつまでも元気と・・・
(見て 見ないふりをしていた)。。


3月11日、、、 (限りある命) を考えた一日でした。





(冬期間 出張していたお日様) が、戻って来ました。。 

DSCN5904.jpg



そして(桜)は、ここまで膨らんできていますよ。
赤ちゃんが、拳を(ギュー)と握っているみたいです。
(パー)に開くのは、いつかな?


DSCN5910.jpg






 では、また明日。 







ご訪問いただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています、
お帰りには、ワンクリックを宜しくお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはよ~

第二次世界大戦は、私たちでも
歴史上の出来事です。

それなのに、今 世界では、
第三次世界大戦も勃発しそうな状況です(>_<)

「ごまめの歯ぎしり」かも知れないけど
国民として 何かを発信しないとなりません。

この地震も 何年もすると
話としてしか知らない人が大勢になるのですね(>_<)

地震は、避けられなくても 心構えは出来ます。
原発は、避けられる事柄なので
少し、心を引き締めて 物が溢れる生活を止め
少しづつ 質素な生活に戻す事を考えなければ
ならないですね。

この日が来ると、そう思うのですが
喉元過ぎれば すぐ忘れる 
へたれな 私です(>_<)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ヨンヨン さま

(♫ 戦争が終わって 僕らは生まれた・・戦争を知らない子供達さ~)って。

父や母から、(戦時中の話)を聞けたのは、、私たちまででしょうかね。
私でさえも、(いやな時代)の暗い話は聞きたくなかったね。
日本中が貧乏だったしね。

そういう話って、暗くて耳をふさいできた面が有るよね。
でも、「戦争は反対! 絶対ダメ!」って言い続けて来たのに・・・・ 

最近、怖いね。
何かが始まりそうで。。。

あの恐ろしい時代が繰り返さないように、
みんなで(戦争反対)の声を上げ続けなければね。。

No title

何時の太陽ですか?
位置が低いですね

これ折れてたサクラですか?
蕾がいつの間にか膨らんで楽しみですね

れみわ さま

朝、カーテンを開けて・・・ 6時ですね。
冬じゅう、隣の家の屋根に隠れていて、、気が付いたら、もうこんなに東に戻って来ていました。
(ガラス窓に、断熱シート貼ってあるから・・窓を開けないと見えないんですよ)v-404

そうそう、、公園から拾ってきた、あの桜です。

No title

こんばんは。
エンディングノート、もう用意されてるんですね。
私はまだで、母の事もまだ考えてなくて。

この間、ニンニクの有名な生産地の田子町で、
112歳で亡くなったおばあちゃんが。

アイハートさんちのお母さんはしっかりされているので、
まだまだ大丈夫。

めっきり日が昇るのが早く、日が暮れるのが遅くなっていますね。
冬もあっというまでしたね。

もう直ぐ春彼岸

だいぶ太陽高度が上がってきました。
陽射しは確実に強くなっていますが、朝の冷え込みは、毎日氷点下の日々。
間も無く春彼岸を迎えますが、毎年似たように寒いのは変りません。
それでも日没の時間が遅くなった分だけ、夜になっても少しだけ温もりが残るようになりました。
早く30℃オーバーの楽しい夏が来ぬかと、待ちわびる毎日です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はなちゃん へ

こんばんわ。

雪は、全部消えましたか?
消えたら消えたで、、、新たに問題が。。。
目が、かゆ~~~い!

なかなか丁度いい季節って無いですね。。

その、(しっかりしてる)とか(顔の艶が良い)とか褒めて下さるから・・・(笑)
永遠に生きているような気になってしまうんですよね。v-217

エンディングノートは、書いておかないと、、、
娘達は一緒に暮らして居ないので、もしもの時は困るだろうとね。

MK さま

春は(行きつ戻りつ)しながらも、確実に進んでいますね。
と、言いながらも15.16日には(雪マーク)が並んでいますよ。

4月のお花見の最中に(花房)にどっさりと雪が積もったことが有りました。
逆に、一気に30度?近いような日が続いた年は、たった3日で花が散ったことも有りました。

春は、(予期せぬ天候)が有るもんですね。
風邪、ぶり返す事ありませんように。。

No title

 こんばんは。
 東日本大震災が起きたとき、4歳少し前だった孫も 大津波の怖さはテレビの報道で分かっていて、「バァバ、R君ちも津波が来たら家がつぶれるの?」って聞いた事があります。

 「此処は、標高40㍍ぐらいだから津波は大丈夫だと思うけど」と言った覚えがあります。でも避難する場所は家族で話しています。

 
 戦争に駆り出された父は、元気に帰って来ましたが、老年になって大手術を何度も繰り返し、母が壮絶な介護をし、私も近くではありますし、よく手伝いに行きました。その母も最期は心筋梗塞で病院で亡くなりました。

 お母様がお98歳を迎えられている事は、アイハート様にとって「娘孝行」なお母様だと思います。でも親が何歳だから良いなんて事はありませんので、その後の事は心配ですよね。

 「お日様が出張」だなんて、上手い表現ですね、私にはそんな能力が無いのが残念です。

のど元過ぎれば・・・

人間は忘れるから生きて行ける・・・って言いますけど
津波や災害は経験から 生きて行く知恵を頂けますよね
我がこととしてとらえなければ 何の価値もありませんね

お母様元気で何より
私のばぁばも97歳までは元気で
山羊の草やりをしていて 肩をつかれ骨折
その後具わいが悪くなって・・・

怪我にはくれぐれもご用心



「何時までもあると思うな親と金」

「備えあれば憂いなし」

「親孝行したいときには親は無し」


日本にはいい言葉がありますね

先人に学ばなければね

No title

いい加減、原子力発電をやめたらどうかと思う日々です。

親っていつまでも元気でいてくれると思ってしまいますよね。

どんぐり さま

こんにちわ。

随分暖かくなってきましたが、、、山の気温はどんなもんでしょうか?
こんな狭い庭でも、雪が消えた所から雑草がグンと伸びています。
きっとどんぐりさんも、草取りに追われる日が近いんでしょうね~。。

そうなんです、親が元気で居てくれるのが一番の(娘孝行)ですね。
自分の足で歩ける、食べられる、用が足せる、、、 有難い事です。
あんなに、戦争で悲惨な目に遭って来たのに、、、母は強し、女は強しです。

光子 さま

こんにちわ。

6年前、、、光子さんにお会いしていなかったね。
あの時、光子さんは直ぐにお手伝いに飛んで行ったのね。
偉いなあ、、、 すぐ行動できる意志の強さ!

光子さんの働き者のお母さん?(あ、違うねきっと)お婆ちゃんかな?
昔の方で97歳は、ご長寿ね。
そうそう、怪我が一番要注意なのよね。
転んだりがね、、、うちも、気を付けましょう。

そうね、イラッとする時に(念仏みたいに)オクチの中でごにょごにょ。。。
【親孝行 したい時には親は無し】ってね。

piano さま

こんにちわ。

太極拳、大成功だったですね。v-424
お母様も妹さんも、拍手喝采?
仲良し家族で羨ましいです、良いですね妹さんが居られて。
プロフィール

アイハート

Author:アイハート
団塊の世代と(一纏めで)言われることが、ちょっと不本意な(団塊女子)です。
生まれて此の方、競争競争で走りとおした68年。
(平成25年12月末日)定年退職しました、さてこれから どうしたらいいのかな、、、戸惑っています。
右へ行こうか、左へ行こうか、自由と不安がいっぱい。

そうですね~・・・ゆっくり歩いてみましょうか。
アッチを見たり、コッチに寄り道したりと。

みなさんもご一緒に如何ですか。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
アクセス数
フリーエリア