わ~い、(松ぼっくり)見っけた!

大阪に住んでいる(シゲちゃん)が、、、『春になったよ~』って、
【イカナゴの釘煮】を送ってくれた。

シゲちゃん、いつもいつも ありがとう。


DSC09978_201803190608249b7.jpg



ある人のブログで見ると、、、これ、お高いんですってね。
その方、順番を待って(空振り)の時も有ったりして?
(自分の番までに、魚が売り切れてしまったとか)

11キロも買いこんで、、、手間かけて(釘煮)を作るのを無上の喜びにしている。。?

高田の地から動いたことが無いので、知りませんでしたが、
(イカナゴの船)の帰りを待って、買い込んで(すぐ)に煮ないといけないんですって?


この辺でも、
春には家々で【キャラぶき】を作りますがこんなに(慌てて)作らなくても良いけどね。
(釘煮)だけ送ってくれたら良いのに、、、

(556)の肉まんやら、京都の湯葉なども詰合せて。。。
(ここで、娘よりチェック入る。 ↑『556じゃないよ・・・』そうだ、556は潤滑油だった!551です)


       DSC09979_201803190608255b6.jpg


肉まんは、はやとうり師匠も送って下さって、、、大好物!
(師匠、、「私は食べないけどね。。」 だって。  エエ~~?) 







お天気が良いから、足慣らしに歩かない?ってお誘い有り。


関川の土手を(速歩)で。。   タッタッタッタ・・・と。
川は山の雪解けが進んでいるらしく、水位が上がっています。

DSC09980_20180318161049054.jpg

向こう岸の階段が、、ドンドン沈んできていますね。
本当は道が有って、その上を階段で上がるようになっているのですが。。



    *-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


歩いていると、(雪割草)の育成小屋が有るので・・・覗いて見ました。

わ~~、凄い! 花盛りですよ。

         DSC09983_20180318161452938.jpg

DSC09984_2018031816145422e.jpg

DSC09987_201803181614558d3.jpg

・・・世話が、大変でしょうね。。 







今日こそ、忘れないで(パンの耳)持ってきました! (いつも忘れていて、、鯉に謝っている)

DSC09992.jpg


遠くで様子を見ているのは (カモちゃん)です。
鯉の頭を踏みつけても食べに来るのですが、、、(今日は恐れをなして・・?)
いつもは、この集団より先に(カラス)が待って居て、水面に落ちる前に食べられます。

今日は大丈夫。




公園の中を歩いていたら、、、
『ア! 落ちてる!!』 

ずっと前から欲しがっていた(シダーローズ)


(ヒマラヤ杉)の松ぼっくり。   (ヒマラヤ杉は 杉と言いながらも松科なのです)
              images (8)


秋に拾いに行ったら、、粉々になっていて何も残っていなかったのですが。。

ここに来れば、有ったんだ!!
DSC09995.jpg
DSC09996.jpg



バアサン2人、、被っていた帽子を脱いで夢中になって拾いましたよ。

まるで・・・ 幼稚園児みたい。。。
 







 じゃあ、またね。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはよ~

【イカナゴの釘煮】
この辺では、春の足音じゃないよね。

春を感じるのは、フキノトウ
道の駅へ行かなければ・・
(雪割草)もたくさんあるしね。

長岡の丘陵公園の雪割草は、
圧巻だったわ。

昨日テレビで「メギス」の事やってたけど
糸魚川の話・・
新潟では、売ってるけどあまり食べないよ。
長い新潟県 地方によって食べ物が違うね。

No title

おはよう♪

昨日コメント送ったけどメンテナンス中とかで入らず くっちょう!!

いかなごのくぎ煮「はやとうり家」は作らないんだよ 何故か七不思議
関西在住なのに蓬莱の豚まん あちこちの贈り物にはするけれど私は食べない
これも七不思議の一つ(笑 
先日たまには食べて見るかと二つ買ったけど愚息が来て持たせた
結局食べてはいない だって肉だから(笑

雪割草 かわいいねこんなの大好き❤

カラスって逞しいね水面に落ちる前にキャッチする にゃる程

アイちゃん松ぼっくり何に使うの?

No title

おはようございます
春ですね
いかなごって食べたことないけど大きくなったらうなぎになるのかな

シダーローズは拾っていっぱいあるけど使い道がない
道の駅で1パック400円くらいで売っていて驚き
リースのほか何に使うのでしょうか
ブローチかな

おはようございます。まちです。

ヒマラヤスギの松ぼっくりいいですね~

何かにアレンジできそうです。

フラワーアレンジでも・・・ ブローチにしても^^素敵かな?^^

釘煮・・・

関西方面の言いまわしですかね?

我が家に訪問する関西方面の方のブログでも出てきますが・・・

要するにこちらで、言う甘露煮のこと?でしょうか?

ヨンヨン さま

おはよう。

この辺では(小女子)って言ってるよね。
それって、関西で獲れるものなんだね、、この辺で(生)なんて見た事が無いもの。

(メギス)を食べた事が無い関東・関西の人と一緒だよね。
あ、新潟の人もあまり食べないって?!
びっくりだ~~。

昔娘が学校町に住んでいた時、
魚屋さんで(ニギス)って書いて有ったから、「字が間違ってますよ」って言わないで良かったよ。
新潟じゃあ(ニギス)って言うんだね。(笑)

はやとうり さま

おはようございま~す。

ん?
しょっちゅうCF2は問題起きるね。
ブロガーさんが何人も(ポイントが変だ)って書いて有るし。。
(ブログ村)から退会したから、、何ら問題ないけどね。。

そうだね、姐さんのブログに(イカナゴの釘煮)の事見た事が無いもんね。。
きっと、九州で育ったから・・子供の頃からの食べ物でインプットされていないんだね。
そっちで生まれ育った人は、毎年同じ時期に同じものを作る。

笑っちゃうわ~~、、せっかく味見に買った豚まんを忠さんにお持たせしたの?!
食べ物にこだわらない姐さんらしいわ~。(笑)
雪割草は、冷涼なところしか育たないから、、大阪じゃ珍しいでしょ?

松ぼっくりで、何作ろうかな。
ハラハラと散っちゃうから接着剤で止めるらしいわ。
これからネットで研究・研究。


おきなそう さま

おはようございます。

イカナゴは、、、、ウナギになりませんよ~。v-405
イカナゴって言うけど、、この辺では(小女子=こうなご)って言ってます。
魚屋さんでは売っていないけど、(加工して)あるもの見た事無いですか?
(胡桃なんかと炊き合わせて)小女子の佃煮って。

アレって、砂糖だか水飴だか入っていてがちがちにくっ付いていますよ。
加工しすぎであまり美味しくない。

シダーローズのリース作ってみようかな。
工作しませんか?教えて欲しいのに。。。(笑)
あのテッペンの丸いのは、重いですよ~。
手を怠くして持ち帰りました。。。バカみたい!

machi  さま

こんにちわ。

目を付けていた木の場所には、何も無くて。。
思いがけず、公園の木の下にたくさん有ってね、、
前橋の公園は、普通の松ぼっくりだよね。
孫たちが、よくぶつけ合いしてたの思い出します。

シダーローズでリースでも作ろうかな。
接着材使わないと、バラバラになっちゃうの。

この辺で(小女子の佃煮)売っていますけど。。
大きくなっていて、口に入れると、ほっぺを突っつきそう。(笑)
海で(小さいうちに)獲った物が値打ちみたいですよ。

煮る時に、(かき回して、頭を取らないように)するのかコツだそうで。
煮あがると、(釘)みたいに一本になってるから(釘煮)って。
魚屋さんや、スーパーでは(煮汁)を調合して売られているんだって~、、所変われば何とやらですよね。

No title

すっかり雪が解けましたね
今日の雪割草の写真が素敵で感動して見ています

れみわ さま

雪割草は、春1番先に咲きますね。
受粉など繰り返して、(新種)を作るらしいです。
根気・根気・根気でしょうね。

来月になったら、県立自然植物園へ自然の花を見に行きたいと思っています。

No title

イカナゴの釘煮、春を告げるものだと昨年初めて知りました。
また春が巡って来たんですね。
シダーローズのまるごとが落ちてるんですか!?
私は上の写真の方しか拾ったことが無いんですよ。
きっと綺麗な薔薇になりますね~~。

なっつばー さま

こんにちわ。

イナカゴという呼び名も、最近知ったんですよ。
こっちでは、(小女子=コウナゴ」)って言うもんですから。。
まさか、同じ魚とは。。お笑いです。

関西では、春を告げる漁なんですね。
こっちでは、ワカメとかアオサなども春一番の海産物ですよ。
シダーローズ、、、どうやって工作するかなって思案中です。
大きい物は重いですよ〜。
プロフィール

アイハート

Author:アイハート
団塊の世代と(一纏めで)言われることが、ちょっと不本意な(団塊女子)です。
生まれて此の方、競争競争で走りとおした69年。
(平成25年12月末日)定年退職しました、さてこれから どうしたらいいのかな、、、戸惑っています。
右へ行こうか、左へ行こうか、自由と不安がいっぱい。

そうですね~・・・ゆっくり歩いてみましょうか。
アッチを見たり、コッチに寄り道したりと。

みなさんもご一緒に如何ですか。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
アクセス数