解体作業は疲れる・・・

雨の合間を縫って早朝ウォーキング。
右へ行こうか左へ行こうか。。。

夜明けがめっきり遅くなりましたね。
5時なんてまだ薄暗くて。


最近の、東京のコンビニの(ネズミ騒動)は酷いもんですね~。
人間が居たって、平気で出没しているし・・・
【ネズミ算】と言うほどだから、退治できるのかな。


そんなことを思っていたら、、目の前を(灰色=ねずみ色)の生物が走って?行く。

『ギャー! ネズミ!!』 と思ったが、、、 ネズミより鈍くて、走ると言うより(飛ぶ?!)。


こわごわ近づいたら・・・
ん?!
IMG_20190824_051640.jpg

デカい(食用ガエル=ウシガエル)だった!!
昔は、食用として池や沼に住んでいた。
食べたことは無いが、戦後の栄養失調対策? (鶏肉)に似た味らしい。

食べるなんて、、カンベン・カンベン。





この間の【風鈴街道】の写真をご覧になった(れもんさん)。
『どこの家にも梯子を設置して有るんですね』って。

言われてみて、改めて見ると・・ 
普段当たり前の風景でしたが、確かに(雪のない地域)に暮らしておられる方には、不思議ですね。

改めてパチリ!
IMG_20190824_053236.jpg

面白いように、どの家も雁木から2階の屋根に雪下ろしに登れるように(梯子)が掛かっていますね。
これだけでも、雪国は余分にお金がかかるって事? 






毎日、母の部屋の不用なものを整理しています。
ほんとに、、、要らないものが沢山!
木製の家具(小さいもの)は、ガンガンと金槌で叩いて小さくして、まとめて縛って。
衣装箱なども中身を整理した後、解体や焼却場へ持って行く準備したり。

自分自身の持ち物を見回すと、、 『どうするんだ、これ!!』

母の部屋には、まだまだ大きなもの(洋服ダンス、和ダンス、整理ダンス)何本も。。
私、毎日の仕事で腰は痛いし・・・ どうするんだ、これ?!



写真も沢山ありますね。 
今はデーター化して保存しておくって言いますが、【写真帳】はすぐ見れて それなりに楽しい。。
親戚と旅行に行った写真、町内の老人会の写真。。

(ほとんどが彼方の国に逝っておられる・・・)

中に、こんなのが有りましてね。  
IMG_20190825_165817.jpg

15年飼ったワンコですが、最後の1年は(足腰)が利かなくて寝たきり。
母は(代車に籠を)括り付けて、オシッコさせに行くんですよ。  (あ、ウンチ袋括り付けてある!)


電信柱の所で下ろしてやって、、、、 「あら~、、、出なかったね。 じゃあ、次へ行ってみるかね」って。
電信柱のハシゴをして、出るまで帰ってこない。
冬が大変でしたよ。。 代車が利かないからね。
プラスチックのソリに乗せてみたけど・・・ 滑って落ちるし。。 

 犬と入れ替わりに住み始めた(ニャンコ=マーちゃん)。
IMG_20190825_165929.jpg


「ネコは、散歩しなくて良いから楽だね~」って。
そんなマーちゃんも、虹の橋を渡って早や4年近く経つね。

お婆ちゃん、マーちゃんと20年も一緒に家で暮らしていたこと、忘れちゃったみたいよ。
あんなに引っ掻かれたり、噛みつかれたりしたのにね。。 







友達が、一緒に母に会いに行ってくれます。
「お婆ちゃん、〇〇サンは私の友達なんだよ。お婆ちゃんの友達じゃないんだからね~」って、ワザと言ってみます。
「良いでしょね~」だって。 



『何も持たんで来てくんない。 顔見るだけで良いしけね』って。

うちへ来れば、いつも一緒にお茶のみしていたから・・・
母は、自分で作った(お惣菜)を、友達に帰りに持たせてあげたりね。

「お婆ちゃんのお惣菜はなぜか(お母さん←私)より美味しいんだわね~。。 」
『アハハ~』って、笑って別れて来られる、、 母を楽しませてくれてありがとね。
友達って、、ありがたい。









 じゃあ、またね。 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

若かりし頃のマーちゃん、かっこいいニャンコだったのね♪
そして、私ね、中華料理で、蛙食べたことあった! そうそう、鳥みたいな感じでした^^ お荷物の整理。頑張ってねーー。ゆっくり、楽しみながらなさってね。
そして、友達はありがたいねー^^ お母様も、こうして来て下さると、嬉しいはず^^

mimiha さま

mimihaちゃんちの(たんこちゃん)の若かりし頃はどうだったのかな?
今では想像もつかない?美猫ちゃんかな。。(笑)
マーちゃんは、凶暴でね~。
お婆ちゃんはいつも(絆創膏)の絶え間が無かったですよ。

へえ~~!
食用ガエル、、食べたのね?!
鶏の足に似てるよね。。いつも(モ~)とか(ブー)とか鳴いてますよね。
デカいんだわ、これが。

母はね、、前が良かったと思うと、、次回は「帰る、帰る!!」って。
なかなか上手くいかないんだよね、仕方ないんだけど。。

No title

お母様、施設での生活も徐々に慣れてきましたか?

そうなんです。物ってないようであるんですよね!
昔の物はいいものなんですが、重たくて使い勝手がよくなかったりするので、処理に大変です。

義母の時は、大型トラックで1往復800ドル(55,000円)を頼み、結局4往復?5往復してもらった記憶があります。
あとベッドマットは別料金で、3個もあった!!!!
今は、我が家の粗大ごみで苦労しています。

アイハートさん、いつか終わりがきます(と願っています)。
お互いに腰をいたわりながら、最後の祝杯をあげたいですね♪

写真、私もどうしよう・・・・・・・・・。

このはしご・・・( ゚Д゚)

夏のこの状態ですかね?
びっくりですね
これだと 樋が詰まっても 直ぐに直せますよね (^▽^)/

わが家は2階の樋は詰まると 若い衆か業者に頼んで
長いはしごを1階から渡し 下を抑えて直しますよ

屋根にすぐ上がれるので
ながれ星が見れますね

落ちないでね(^▽^)/

ワンちゃんもマーちゃんも 幸せさんですね

みのじ さま

こんにちは~。

それがね、、、(慣れる)なんて言葉は無いみたいよ。
もうガッカリするやら、ウンザリするやらで帰ってきましたわ。

そうだったね、みのちゃんも(お義母さん)の荷物整理が大変だったよね、
思い出しましたよ。
(今、ご自宅の事で最後のひと踏ん張り頑張ってるもんね)
暮らしていると、ついつい(なんとなく)増えて行ってしまう。。
後の始末を考えたら、、、良く考えないとね。(後の祭り?)

写真は、、、大切のような・・・(そうでもないような?)

光子 さま

あはは、、光子さん、ハシゴは家を建てたときにもう付けちゃいますよ。
去年は(雪下ろし)するほど積もらなかったんだけどね。
毎年、良い時ばかり無いしね。

我が家は下屋に梯子を立てて、大屋根に登る算段しています。
3階建てみたいなもんだからね、上まで上がればクラクラと目が回りますよ。
大屋根から下ろしたのは(たったの1回だけ)。30年以上住んでいて・・1回ね。

どこの家も、雪下ろし以外に大屋根に登るなんて考えもしないんじゃないかな?
あ、花火が良く見えるかもね~!

No title

こんにちわ 
梯子はやっぱり雪下ろし用だったんですね~  
山形も家がつぶれるぐらいの降り様でしたが 
私のいたころは、それでも二階への梯子を付けているお宅はなかったみたいです・・ 
苦労して、ある意味命がけで一階から梯子かけてました(^^ゞ
軽い作りでしょうからお値段もしますですね

お母さま ワンちゃんを台車に乗せて 
おしっこのために回っていらっしゃったんですね
しかも冬も~
心温まるよいお写真です
見せていただいてよりはっきりと分かってきました 
これからの猫たち介護の励みにさせていただきますねm(^^)m

マーちゃんもよいおカゴ頂いてますね~ 
どぉ~んと主様の風格ですね*♡* 
何とも言えず可愛いです(✿╹◡╹)


  

れもん さま

こんにちは。

山形は新潟のすぐお隣ですが、、、新潟市はあまり雪が積もらないんですよ。
(海)があるせいかな、、
きっと新潟市の人達も(雪下ろしの為の梯子)が家にくっついているなんて見たことが無いでしょうね。

犬は365日散歩やオシッコに外へ出なくてはならないので、大変ですよね。
今は、室内犬が流行っているから家でもシートで出来るのでしょうが。。
娘の所のアンは大型犬なので、足腰立たなくなったら・・・どうなるんでしょう。

ニャンコも歳とってくると、眼も耳も足腰も衰えてきますね。
マーちゃんはトイレで(クルリ)と回ることを忘れちゃって。。
小さい動物だから、軽くて世話はしやすいですが。。。
20年、、人間なら(成人式)ですね。
でもあっという間でした、れもんさんも(今)を楽しんでくださいね。

こんにちは(^-^)

食用ガエル、鶏肉に似てるって言いますよね。

近くの池でモーモー??って鳴いてます。
いるのは分かってるんだけど・・・
やっぱり捕まえて食べる気には(-"-)無理!

ホントに美味しいのかな・・・

coconut punch さま

こんばんは。

実家の傍に大きな堀が有りましてね、子供のころからあの鳴き声を聞いて育ったわけですよ。
夏の夜、沓脱の板の間に足を下ろしたら・・・冷たいものの上に乗った!
「ギャー!!」ですよ、蛇かと思ったわ。
怖かったです、忘れられませんよ。

あんなの頼まれたって、、、、食べたくないわ。(お金積まれたって)

タダね、先日の蛙は私から逃げながら(車道)に飛んで行ったのね。
無事に向こう側へ着いてくれればいいんだけど、
途中で車が来たら・・・(ノシイカじゃなくて、ノシ蛙)になっちゃうわ。
カラスの餌にもならないと良いけどね。
プロフィール

アイハート

Author:アイハート
団塊の世代と(一纏めで)言われることが、ちょっと不本意な(団塊女子)です。
生まれて此の方、競争競争で走りとおして(71年)
(平成25年12月末日)定年退職しました、さてこれから どうしたらいいのかな、、、戸惑っています。
右へ行こうか、左へ行こうか、自由と不安がいっぱい。

そうですね~・・・ゆっくり歩いてみましょうか。
アッチを見たり、コッチに寄り道したりと。

みなさんもご一緒に如何ですか。

最新記事
リンク
フリーエリア
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス数